MENU

駒場友の会会員ページへ入会、会費納入、寄付のお申し込みはこちら
「東大駒場友の会」とは

東大駒場友の会は、2004年に、東京大学駒場キャンパスの教育研究活動の発展と福利厚生の向上をはかり、大学が教育研究を通して地域と社会の発展に貢献することを目的に設立されました。

以来、会報やHPで情報を発信し、卒業生・学生やその家族と大学との間の交流を図り、駒場キャンパスにある東京大学教養学部、大学院総合文化研究科、大学院数理科学研究科の事業に協力し、支援するための活動を行っています。

2016年度駒場友の会総会決議を受け、同年10月3日に一般社団法人「東大駒場友の会」として認められました。法人化にあたり、従来の年間行事や教養学部等への寄付事業を継続発展させ、より充実した貢献を目指すと共に、東京大学教養学部と一層の協力を図り、組織・財政の基盤を整えて参ります。

東大駒場友の会では、会員に向けて、会報の発行ウェブサイトからの情報の発信のほか、年に数回学内で開催されるオルガン・ピアノ等の演奏会や、駒場博物館で開催される展覧会のご案内等をしています。

会員について

「東大駒場友の会」は、卒業生・在学生の父母・教職員が協力して、駒場キャンパスの教育研究・勉学と環境を支援し、その文化を発信し、ともに集うことを目的として2004年設置されました。会長は浅島誠名誉教授で、歴代学部長や卒業生代表が理事をつとめています。学部長懇談会や講演会・音楽会等の開催、駒場図書館・駒場博物館、学生宿舎等への寄付、学生団体や駒場の文化教育活動支援などの事業を行っており、その事業は通常会員・終身会員・会友会員によって支えられています。

会員として入会されると、

  • 東大駒場友の会が主催・共催する様々な行事(講演会やイベント)に参加できます。
  • 東京大学スポーツ先端科学研究拠点ジム(QOMジム)の利用料金が割引になります。→詳細
  • 駒場ファカルティハウスのセミナー室を利用できます(通常会員・終身会員のみ)。→ 詳細
  • 東大生協に加入し、書籍を1割引で購入できます(通常会員・終身会員のみ)。→ 詳細
  • 駒場ファカルティハウスのレストランを優待利用できます。→ 地図
    ルヴェソンヴェールでお食事をされた友の会の会員(会友会員を含む)には、食後のコーヒー・紅茶が無料になります(ランチタイムにも適用)。ご会計の際に会員証・会友証をご呈示下さい。
    橄欖(カンラン)での優待についてはこちらをご覧ください。
  • 駒場図書館を利用できます(通常会員・終身会員は図書の貸出も受けられます)。
    図書館の開館日などの情報はこちら
    通常会員・終身会員の利用についてはこちら
    会友会員の利用についてはこちら
  • 駒場キャンパスで行われるオルガンなどの演奏会、駒場博物館展覧会の案内をさしあげます。→ 詳細(オルガン委員会ピアノ委員会駒場博物館
  • 『東大駒場友の会 会報』を年2回お送りします。→ バックナンバー
  • ご希望の方には、教養学部発行の新聞『教養学部報』(年9回発行)をお送りします。
    メール、FAX、電話でお申し込みください。
入会のお誘い・寄付のお願い

東大駒場友の会の事業はすべて会員の皆様からの会費と寄付によって支えられています。2016年度は3,171,000円(469名)、2017年度は3,611,400円(542名)、今年度4月から現在までは1,152,000円(186名)の寄付を頂戴しております。

引き続き、皆様からのご協力をお寄せいただきますようお願いいたします。

  • 寄付金は一口5,000円。口数に制限はありません。
  • 寄付金は、教養学部等への寄付事業とその運営のために使わせていただきます。なお、寄付金の使途は、理事会や事務局運営会議等で決定いたしますが、毎年5月頃の活動報告会においてもご議論いただきます。また、実績(決算)についても、活動報告会にて報告いたします。進捗については、会報やウェブサイトでも随時お知らせしています。

寄付のお手続きはこちらから

Information

Events2018

秋の講演会(実施済み)

開催日:2018年11月25日(日)

秋の講演会

今年で3回目を迎える東大駒場友の会主催「秋の講演会」は、第一部で学生相談所特任助教細野正人先生による「東大生の選択―夢の道筋―」、第二部で本学名誉教授、本会会長 浅島誠先生による「生物学は大きく社会を変えているー」という二部形式での講演をお聞きいただいたあと、ご講演いただいた先生方を囲んでの茶話会へとつづきます。当日は駒場祭最終日、活気溢れる駒場キャンパスもお楽しみいただけます。秋の駒場へどうぞお越しください。

味覚のアトリエ@東大駒場(実施済み)
クラブアトラス×味覚の一週間 “東大生へ向けての食育”

開催日:2018年10月22日(月)

味覚のアトリエ@駒場

毎年フランスで実施される味覚の教育活動「味覚の1週間」。日本での開催も今年で8年目を迎えます。東大駒場友の会は、毎年、「味覚の一週間」®実行委員会、クラブアトラス、ルヴェソンヴェール駒場との共催で「味覚のアトリエ@駒場」を主催し、東大生へ向けての食育イベントを行っています。今年のテーマは“味の伝承 フランス料理の伝統料理を知り 楽しむ”とし、池上俊一教授を迎え「フランス宮廷料理のお話」を伺ったあと、クラブアトラスメンバーのシェフ達による古典料理を実際に楽しみながら、食事の進め方や楽しみ方などを学びます。

秋の文化イベント(実施済み)
「東大教員と巡る駒場博物館とキャンパス(昼食会付き)」

開催日:2018年9月22日(土)

生物学がご専門の本学教授 道上達男先生のレクチャーをうかがった後、駒場博物館特別展「卵からはじまる形づくり」を先生のご案内で見学します。
道上先生とご一緒の昼食会の後、駒場博物館 折茂克哉先生のご説明で駒場キャンパスを巡ります。

《当日のプログラム》

10時45分集合
駒場キャンパス 駒場博物館
11時
道上先生レクチャーと特別展見学
12時30分
昼食会 駒場ファカルティハウス セミナー室
13時15分
キャンパスツアー
新入生保護者と教養学部長との懇談会(実施済み)

開催日:2018年4月14日

東大創設140周年から新たなスタートとなる今年度は、五神 真総長と共に皆様をお迎えします。

学部長

東大生が、本学における学士課程の最初の二年間を過ごす駒場キャンパス。学生たちは、どのような環境の中で知的にも人格的にも成長していくのでしょうか。
教養学部では、毎年、「東大駒場友の会」にご入会いただいた新入生保護者の皆様を、駒場の「春」にお招きしています。学部長との懇談会当日、新入生たちの利用する教育関連施設に皆様をご案内するのは、本学の現役教員です。
関係教員一同、皆様のご来場をお待ちしております。
東京大学教養学部長 石田 淳
※懇談会は終了しました。当日撮影した写真はこちらでご覧いただけます。(当日配布したIDおよびパスワードが必要です)

オルガン委員会ピアノ委員会